三幸総研株式会社

お客様の思いをカタチに

三幸総研のものづくり

基幹事業の変遷 HISTORY

お客様の様々な「思い」をカタチにして50

カップラーメンの抜き加工からはじまり2016年で半世紀。
食品分野から電子・工学分野まで様々な分野でお客様の思いをカタチにしてきました。

三幸総研の原点

誰もが目にしたことのある、カップラーメンの蓋。
三幸総研では、蓋の形に抜く加工をしていました。当時は、流通量の6分の1を三幸総研で加工していたので、お客様が食べたものの中にも三幸総研で加工したものが合ったかもしれません。
この仕事を原点として、現在に至るまで三幸総研では抜きの技術を発展させてきました。

電子工学分野

電子・工学分野の拡大に伴い、液晶・携帯などの光学フィルム加工に参入。徐々に紙加工からプラスチックフィルム加工に移行。現在では、三幸総研株式会社の主要部門になっています。電子分野に対応するため、クリーンルームの設置も行いました。

抜き加工型・製品

三幸総研株式会社の基盤技術『抜き』では、一般的なトムソン型や、継ぎ目がなく安定した加工が出来るピナクル型を使用します。プラスチック・紙・発泡体と様々な素材の加工を行っています。また最近では、下水処理場で使用される『濾過材』の加工を開始いたしました。
これからも三幸総研は、持てる技術を使い新たな分野へ挑戦します。

製品販売

三幸総研では、加工以外にもトレー・ケース・プラスチックシートなど様々な製品の販売を行っています。
各製品には帯電防止性・導電性など様々な付加価値を付けて販売しております。
お客様のニーズに合わせた製品を開発しておりますので、是非ご相談ください。

これからの50年もお客様の社外開発プロジェクトのベストパートナーとして、
お客様とともに『時代と知恵比べ』を楽しみ、魅力ある商品づくりに必要な答えを『考える加工力』で提案し続けます。

最新の加工・製品事例CASE

建材・住宅分野自動車電子分野

ポリカーボネート

照明用カバー、各種名板など。 難しい厚板も綺麗にカットします。 拡散度合いに応じ…

電子分野

各種フィルム スリット加工

建材・住宅分野

ポリカーボネート板

ポリカーボネート板

高速道路や建物の壁、カーポートなど建材として使用されている。

電子分野

自動販売機用不織布材

自動販売機用不織布材

自動販売機内の湿気(水分)除去用として使用されている。

全ての事例を見る